コエドビール 毬花

ちょっと聞いたら誤解しそうなフレーズと見た目のラベル。飲んでみたら別の衝撃が。

埼玉県川越市にある観光名所で人気の小江戸。https://www.coedobrewery.com/jp/

Beer Beautifulのコンセプトが示すとおり、コエドビールのラベリングは美しい。便の状態でもきれいだが、一度栓を開けた別の美しさが顔をだす。さつまいもを原料に使ったビールなど新しいことに挑戦している有名ビールブリュワリー。

製品の説明はHP上に詳しいので、そちらのリンク。https://www.coedobrewery.com/jp/beers/

感想

飲んだ感想としては、軽い口当たりと上品な香りでビール単体で飲めてしまうビール。一方で、その繊細さから料理と合わせるのは難しい。

全体的に繊細で、日本で一般的なビールに比べてもアルコール感も薄めであるので、カクテルの一種だと考えて合わせるのが良いか。

味が強めの料理では負けてしまうし、香りが強めの料理でも負けてしまいそう。一方で、爽やかな香りの料理なんかやフルーツにはよく合うかと感じた。ランチの後にフルーツをほうばりながらとか、サラダと一緒に食べるというような、明るい雰囲気の似合うビールだと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください