サイクルコンピュータの幻想

Cat EyeのCC-RD500Bを購入してセンサーが無いことに気づいた昨日。とはいえ、サイクルコンピュータとしては、使えるので、使ってみることにした。つければ使えるそれが幻想だった・・・

このタイプスマートフォンの計測情報を表示するというミラーモードと、センサーと直接接続するセンサーダイレクトモードがあるらしい。スマートフォンの機能を使うことによって、速度などは計算できるということ。ええ、単なるディスプレイですね。

それだけならもうちょっと安くしてほしいが、スマホを屋外で表示しておくと画面を明るくしないといけないので結構消費電力が大きいし、汚れないので、これはこれで価値があると思う。もう少し安くしてほしいが。

ということで、スマートフォンの測定結果を表示するのであれば当然ペアリングしないといけないわけですね。はい、今考えると当たり前ですね(笑)

今朝走ったときはスマートフォンとのペアリングをしておらず、サイクルコンピュータは無常の0を表示し続けてた・・・

動いていないのは気づいていたけど、もう諦めて今日は走りました。なかなかサイクルコンピュータ運がないな(説明書読め)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください