料理をするならスキレットを買うべき

料理をしだすといろいろな調理器具を揃えたくなる。いろいろ使ってみてその中でも最もおすすめな調理器具はスキレット。

過去、一人暮らしでいろいろと作っていく中で、保温調理器や、ブレンダーなどいろいろな調理器具に手を出してきたけど、スキレットは使い勝手が良い。スキレットの使い勝手の良い点は2つ。

耐久性

分厚い鉄の塊なのでたわしでゴシゴシやっても問題ない。サビだけ注意なので油を塗るなどの手間がいるが、慣れてくれば対して時間もかからない。

大切に扱えば一生モノと言われる程の丈夫さだが使ってみればよくわかる。やすいフライパンを使い回すのも良いが、どっしりとしたこういったのを使うのも良い。

保温性

分厚い鉄なので食材を入れても鍋の温度が下がらない。飴色玉ねぎなんかが簡単に作れてしまう。最初にカレーを作ろうとスキレットを使った時に玉ねぎを入れたが、あっという間に水分が出てしんなりするまでの時間は衝撃。鍋が重いという欠点はあるものの焦げ付かないしとても良い。

そんなスキレットだが、単体で満足していたが、蓋を買ってみてさらにその凄さを実感した。世の中には水を入れずにカレーを作れるという無水鍋があるけど、スキレットの重たい本体と重たい蓋との組み合わせはその域。

ハンバーグなどをスキレットで表面で焼いて蓋をすればオーブンに入れたのと同じ効果が出て、中まで火を通すことができるし、ローストビーフも作れる。

いっぽうで、野菜を入れておけば蒸しあがって柔らかく仕上がるというすぐれもの。水分で蒸し焼きっぽく作れるので朝の忙しい時間も結構ほったらかしで住んでしまうという素晴らしさ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください