ダイニングの天板にしようとしていたOSB板がきた!!!

リビング−ダイニング兼用の机をDIYしようと思っている。そしてその天板が今日届いた!

180cm x 90cmの大型ボード。持って上がるのが大変でした・・・

DIYを初めて思ったけど、滑り止め手袋の性能たるや偉大だな。これがなかったらもっと取り回しに苦労するだろうなー。

今回、板はインターネットで注文。というのも売っているOSBボードは厚みが9mmとか11mmのものが主流で厚さのあるものが少なかった。そこでネットで探して24mmをゲット。

指との比較。いい感じの厚さやな〜

厚みへのこだわり

9mmや11mmを使えばホームセンターでも買えるし、結構安い。だが、今回は24mmの厚さを選択。ホームセンターなどでは売っておらずインターネットで発注。値段も普通の龍つしているサイズに比較すれば割高だった。

机の天板が厚くなるとあまりいいことはない。天板全体的に重くなるので移動が大変。DIYをしようと思ったときは取り回しも大変なので大変さが大きい。

一方で、重量があるということはズレにくいということなので、机の上でものを移動させて多少引っ掛けても大丈夫。

そして、不便さを補ってあまりあるほどの重厚感。部屋の中心に来る机だし、そこを中心にして日々の生活を組み立てるのでしっかりしたものにしようと思い、24mmを選択。さらに厚いものがあればそれでも良かったと思っている。

OSBを天板にしようと思った理由

正直なところ、OSBボードを天板にするのは結構な手間。というのも、防水加工をきちんとしておかないと板が膨らんでしまうし、きっちりとサンダーをかけておかないと凸凹が残るし。

ただ、池袋のRacines Farm to Parkというカフェに行ったときに魅せられてしまった。

http://racines-park.com

ここの2階の奥の方の席。たまたま座った席がOSBボードを使った机。それ以来机を作るならOSBにしようと考えてた。

一枚板とかもかっこよくていいんだけど、ちょっと無骨だけど面白みと温かみのあるデザインということでOSBを採用。

経緯

引越しとともに、リビング−ダイニングをしっかり作ろうと考えた。ところが、リビングにソファ、そしてダイニングテーブルと置くと結構狭く感じる。これはスペースが足りないというわけではなくて、リビング−ダイニングスペースに書類棚とかをおいているため。

スペースがない事自体はどうしようもないのでダイニングテーブルは諦めてリビング−ダイニング兼用のソファとテーブルを置くことに。

ソファは購入。しかし、なんと届くのが7月の中旬・・・・

とりあえず今のソファが地べたのソファなので高さ60cm程度のダイニングテーブルをおいてしまうと非常に高く、ご飯食べれないのでダイニングはソファまちとなっていた。

それが!ようやく!届く!

ということでダイニングテーブル作成開始です(≧∇≦)/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

伊丹にある大阪国際空港

次の記事

OSB板の加工中