関西の地方のベットタウンで育った。

遮るもののない一面の広々とした世界に魅せられて、高校卒業後アメリカに留学を決意。突然の意思表示に付き合ってくれた両親には感謝。

大学時代は様々国の人とも交流でき、色々自分に備わっていなかった価値観を得ることが出来た貴重な時間だった。

生物と化学の世界を研究し、人間の体や植物、微生物に関して知見を得る。

アメリカのカリフォルニアにいたのだけど、そのときに登山とワインに目覚める。冬山の危険を身にしみて理解したり、山頂で飲むコーヒーの美味しさに魅せられたり。近所にワイナリーがあったのでワイナリーにはちょくちょく行っていろいろな醸造家の哲学に触れてワイン造りの面白さと味わいに魅せられる。

それ以来、ワインに関しては色々と飲み比べて色々な楽しみ方を学んだ。好きな品種は「Syrah種」。最初に飲んだときの荒くれ者感にやられてから好き。BBQでの荒々しい食べ方にも負けない味わいが楽しい。

アメリカ卒業と同時に日本に戻り就職。輸出入関係の仕事をしながら、写真とか自転車を楽しんでいる今日このごろ。

昔の人の湯治のような生活に憧れ、温泉地をめぐりながら生活をしてみたいと思う。

Everything is Enjoyableというのがモットー。楽しむか楽しまないかは自分の意志次第。